トップ > 主催事業 > 平原慎太郎コンテンポラリーダンスワークショップ


平原慎太郎コンテンポラリーダンスワークショップ


photograph 高張 直樹


4月21日(土)夜
18:00〜20:00 コンテンポラリーダンス・コンタクト初級クラス
20:00〜22:00 コンテンポラリーダンス・コンタクト中級クラス

1レッスン2,500円
2レッスン4,000円


4月22日(日)昼
13:00〜17:00 コンタクトを用いた応用制作クラス
他ジャンルのアーティストとの共同制作を目的とするクラスです

フルート奏者 名越梨紗
アンビエンス 3+

4,000円


会場 両日ともにエルプラザ 健康スタジオ
北海道札幌市北区北8条西3丁目
http://www.danjyo.sl-plaza.jp/information/map.html
札幌駅北口より徒歩5分


予約アドレス
universe@maxdonna.com








平原慎太郎プロフィール

1981年北海道生まれ
クラシックバレエ、Hip Hopやコンテンポラリーダンスのキャリアを経て現在に至る。
04年から07年までNoismに所属。その後フリーランスに転身。
その後は北海道を中心に「瞬 project」、大植真太郎、柳本雅寛らと「C/ompany」、近藤良平主宰「コンドルズ」として日本のダンス界を縦横無尽に駆け回る。
また舞台の活動の他、ミュージシャンとのセッション、能楽師津村禮次郎との共作や歌手のミュージックビデオなどにも出演。
振り付け家としての活動も活発化し自作自演の振り付けや作品依頼も多い。
一方、楽曲製作や映像製作も行い自作品ではそれを用いる場合が多い。
またWS講師としても活動。北海道ではWSから派生させた参加者の独自の活動を展開している。

淑徳幼児教育専門学校非常勤勤務。








名越梨紗

1982年札幌生まれ。
幼少の頃より音楽に触れて育ち、11歳でフルートと出会う。
クラシック、ロックをベースに自身の音楽を築き、札幌のダブ、レゲエ、ロックシーンに身を置く。
その後東京でもキャリアを重ね、様々なアーティストのレコーディングに参加。
ジプシー音楽やジャズ・ブルースにも影響を受けながら、2009年より再び札幌で活動。

現在はフルート講師の傍ら、フルート吹きとしても活動中。








3+

横浜出身・札幌在住 白石マサシの音響系ユニット
制作環境を求めて2006年、横浜から札幌に移住
生け花作家の中川幸夫から多大なる影響を受け 自身の心象風景を表す。
美術と評されたその表現と暗く圧倒的に美しい世界は音楽ファンだけで無く、アート関係者からも注目を集めている

2008年STUDIO C+から1st album「Mother Leaf」をリリースし
その後、約2年の休息を経てkokoz(Unknown season)、Ryonkt(Slow Flow Rec)とアンビエントイベント【音泉】【Ambientia】を主催する。

3+web: http://www.threeplus.jp/