home / ダンサー / 鈴木 明倫


鈴木 明倫  Akinori Suzuki


鈴木 明倫(Akinori Suzuki)
ダンサー 北海道札幌市出身

10歳からジャズダンスを始め、その後ストリートダンスの世界に入り、数々のコンテストで優勝や入賞を果たす。
その後、バレエやタップなどのジャンルも学び、19歳の時に現代アートの魅力に取り付かれ、現在はコンテンポラリーダンサーとして活動している。
北海道教育大学岩見沢校芸術過程卒業、中学校美術の免許を取得。
大学時代には自分のダンス活動の他に「子どもとダンス」「障がいとダンス」をテーマに地域の子どもたちとダンスを通した交流をはかったり、福祉施設や特別支援学校でのダンスセラピーによるワークショップを行った。


Blog http://akinori0421.seesaa.net/


出演作品

新上裕也振付「intersection」
岩淵貞太振付「7」
マインド公演市民ホールで踊ろうよにてソロ作品「イケニエ」を発表
札幌文団協フェスティバルにてソロ作品「イケニエ」を発表
ジャズダンス協会公演HEATFULL BONDにてソロ作品「最愛」を発表
HDP公演NEW CHARENGEにてヘアーアーティスト、ボディペイントアーティストとのコラボ作品「交感」を発表。(アドバイス部門審査員特別賞を受賞)
チームNACSバックダンサー振付&出演(2006.2008)
ドリカムコンサート出演(2010)
JRタワーステラプレイスCM出演
城田優・山崎育三郎主演ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」東京・大阪公演出演。
自身が主役のロボ役を演じた舞台「狼王ロボ」札幌、宮崎公演出演。(TGR大賞、オーディエンス賞、神谷演劇大賞を受賞)
兵庫県にて、島崎徹振り付け「神戸女学院舞踊専攻第六回公演」にてゲストダンサーとして出演。